代表メッセージ

 ベネッセMCMは、「Benesse=よく生きる」を企業理念とし、教育、介護の領域を中心に事業展開するベネッセグループに所属する会社です。担当する領域は、介護・医療領域における人財の紹介・派遣サービス業になります。

 私たちの行動規範は、「お一人おひとりの笑顔を創る“スタッフの皆様”のために行動する」ことです。日本は超高齢社会であり、2025年には人口の3分の1近くが高齢者になるといわれています。このような社会を支えることが期待される業界の1つが介護・医療業界です。 特徴的なのは現場力。現場の状況がサービスの質を左右させ、介護・看護を通じで向き合う方やそのご家族の笑顔の差になっていきます。その笑顔の多くは、関わるスタッフの皆様がやりがいを持ちながら、笑顔でお一人おひとりに深く寄りそうことで生み出されます。 そして、その笑顔が超高齢化社会に対する課題解決の原動力になっていくと考えます。
 だからこそ、ベネッセMCMはスタッフの皆様のために行動します。業界トップクラスの全国300以上の老人ホームを展開するベネッセスタイルケアのグループ会社である利点を活かした介護ノウハウや、多くの病院様との間で積み重ねた業務経験を源泉に、 社員全員でスタッフの皆様がイキイキと活躍いただけるよう全力でサポートしてまいります。

 ベネッセMCMは2002年の設立。介護・医療業界で15年以上の活動経験を持ちます。その活動範囲は、グループ内外の老人ホームをはじめとし、病院やクリニック、特別養護老人ホームや一般企業等、多岐に渡っています。これらの活動範囲は、スタッフの皆様、 介護・医療現場の皆様からの信頼の証だと捉えています。皆様からのご期待に沿う活動を継続的に行うことを目指し、たゆまぬ努力と挑戦を続けてまいります。

代表取締役社長豊岡 隆行

関連情報